マイル貯めリーマンの陸マイラーブログ

陸マイラーのサラリーマンがポイントサイトを駆使してANAマイルを貯めまくるブログです。

冬に行く奄美大島。土日の弾丸旅行で私が感じた10の良かったこと

 みなさん、冬の奄美大島へ行ったことありますか?今回、我が家は普通の週末(土曜日と日曜日)を使って、奄美大島に1泊2日の旅行に行ってきました。年末に温泉でも行こうかとWebを見ていたらバニラエアのセールをやっていたのですが、2019年1月の航空チケットを思わずぽちっとしてしまったのです。

 そして、つい先日に奄美大島に行っていたわけです。

f:id:tameriman:20190127223613j:plain

 結果、普通の土日で家族で行く奄美大島は意外と楽しく、1泊2日でも雰囲気を味わえることがわかりました。やっぱり家族で飛行機にのると旅行感が出るのでそこそこ楽しめますよね。

 

 正直に言って、1泊2日の旅行は少し短かい気もしますが、結論としてとてもよかったと思っています。なぜなら、我が家は子供たちが小学生なのでまだ平日は休めず、私も妻も平日は仕事があるので、長期休暇以外は土日にしか旅行できないんですよね。だから、普段の土日だけで旅行を楽しめることがわかったことはとても重要でした。

 

f:id:tameriman:20190128214343j:plain

 今回、普段の土日でも飛行機に乗った旅行をしたわけですが、家族で今年中にもう1回くらいは土日をつかった旅行に行きたいなーと思えるくらい良かったです。

 

 

良かったこと

 今回の収穫は、1泊2日の旅行でもそこそこ楽しめることがわかったことです。

 以前、私は旅行に行くなら、できるだけ長い日程のほうがよいと思っていました。何故なら、旅行は準備が面倒だったり、移動が面倒くさかったりしますからね。けれども、その考えを改めることにしました。

ではなぜ!?1泊2日でも楽しめたのでしょうか?

その理由について考えてみました。

 

準備しているときは長期の旅行と同じ気分なので楽しい

 旅行するときは、事前に本やWebでチェックしたり、必要なものをバッグに詰め込んで準備をしますよね。そのプロセスは海外旅行でも国内旅行でもさほど変わりません。そう。旅に行く前から旅は始まっているのです。


 あー何が必要だっけ?あれこれも必要かな?などなど、パッキングするプロセスや旅先で何しようか?あっちにも行きたいな...こっちにも行こうかな!?という旅行前のプロセスは海外旅行でも国内旅行でも大きく変わりません。だから、旅行前はテンションが上がるのです。

 

家族で飛行機に乗るとそれだけで「旅行感」がでる

 飛行機にも乗れるし、いままで行ったことがないところにも行き、旅の新鮮さを味わえます。空港っていろいろなところに行く人たちが集う場所なので非日常感がありますよね。そして、家族で飛行機に乗ると(家族の興奮も相まって)それだけで普段と違う「旅行感」が出て楽しい気分になりますよね。そう。それだけで特別な気分になるのです。

f:id:tameriman:20190127224450j:plain


 機内で何しようか。普段読まないような本を読んでみようかな?それとも景色を楽しんでみようかな?などなど、飛行機でしかできないことを存分に楽しんでみようと考えたりするわけです。それだけでも旅行を楽しんだりできるわけです。

 

初めて行くところだとテンションがあがる

 初めていくところに行くと、それだけで新鮮な気持ちになりますよね。子供たちが鹿児島県に行くのは初めて。私も妻も、これまで鹿児島(市内やその周辺)には旅行で2回ほど行ったことがありますが、奄美大島に行くのは初めて。

 

 そう。奄美大島は世界自然遺産の登録を目指している最中なんですよね。そんな場所に訪れるとなればテンションがあがりますよね。 

f:id:tameriman:20190128214734j:plain

 また、初めての場所だといろいろと戸惑いますよね。どっちがどっちだかわからないというか。右も左もわからないのはこのことか、と。

 けれどもそれが旅行の醍醐味で楽しいって思っちゃうんですよね。それだけでなく、場所が違うとその土地の食べ物や言葉、雰囲気などの文化が全く異なり、ちょっとした異国感が楽しめます。なので、初めて行くところでは自然とテンションが上がってしまうのです。 

ごはんやお酒など、初めての食べ物などを楽しめる

 食文化が違うところに行って、その土地で食べられないものを食べることって楽しいですよね。今回、私は奄美大島で郷土料理の「鶏飯」(けいはん)を楽しみました。鶏飯ってご存知ですか?

 

 鶏飯とは、お米の上に、細かくほぐした鶏肉と、錦糸卵、島ミカンなどの南国の果物の皮と一緒にネギなどの薬味を混ぜて、出汁いっぱいのスープをかけて食べる料理なんです。今回、思わず写真を撮り忘れてしまったのですが、奄美大島の龍郷町にある「レストランフォレスト」で料理を楽しんできました。

 

www.native-sea.com

 このお店、イタリアンなどを中心とした創作料理のお店なんですが、郷土料理もばっちり楽しめるんですよね。郷土料理は子供たちも敬遠してしまうけれども、イタリアンも出せるお店だと大人も躊躇なく楽しめるのです。


 鶏飯はやさしくて、素朴な味わい。いくらでも食べられちゃいそうな家庭の味。この料理を東京で食べようとしても、食べられるお店はなかなかありません。けれども奄美のお店ならどこにでもあるんです。だから、存分に鶏飯を楽しませていただきました。

 

 もちろん、お店で食べる鶏飯だけじゃありません。

奄美は黒糖焼酎をはじめとしたお酒がとても有名です。お店に置いてあるお酒を全部買い占めて帰りたい!そんな気分にもなりましたよ。


普段に見られない絶景を楽しめる

 今回はあまり楽しめませんでしたが、東京では見られない景色を見られるのがいいですよね。残念ながら、今回の旅行ではほとんど曇り空だったのですが、それでも素晴らしい景色を見ることができました。

 

f:id:tameriman:20190127224908j:plain

 思わず写真や動画を撮ってしまいました。ええ。奄美百景の1つ。「あやまる岬」です。うわー、絶景。岬を高いところから眺められるこの景色。うーん、素晴らしい。

 

 ちょっと余談となりますが、実は今回は新しいガジェットを入手しました。それは「Insta360 One X」です。これ、まじですごいです。

www.insta360.com

 今度、Insta360 One Xで撮った動画をアップする予定です。まだまだ知名度が低く、使いどころが難しいカメラですが、GoPro Hero7やOsmo Pocketでは再現できない空間保存力と、RICOH THETAシリーズでは実現できていない手振れ補正を備えたすんごいカメラです。

 

 この凄さを皆に知って欲しいと思う反面で、みな気づいていない今のうちに個人で存分に楽しんでおきたいな、とも思っています。年末にGoPro Hero 7やOsmo Pocketなどを比較検討してかなり悩みましたが、いろいろと試してみて私の選択は100%間違っていなかったと断言できます。いや、これすごいカメラです。

www.youtube.com

 このカメラ、とにかく手振れ補正がものすごくいので、撮影時に気を使う必要が
全くありません。その差は最新のGoPro Hero7と比較しても歴然の差があります。

 

...と話がそれてしまいましたが、絶景を楽しめるのが旅行の良さですよね。

 

ホテルに泊まるので、寝る前と起きてからが楽しい

 ホテルに泊まると普段と違う楽しみができるのがいいですよね。ベッドでぴょんぴょん跳ねたり、外を眺めてみたりするわけです。

f:id:tameriman:20190128222433j:plain

 子供たちが寝る前のテンションはいつもと明らかに違うので、父親冥利につきます。


 夜だけじゃないですよね。起きてからは子供たちに朝食会場に早く行こうとせがまれます。ビュッフェって心がうきうきしますよね。だって、好きなものを食べられますからね。そして、海を見ながら朝食を食べるんです。子供だけじゃなくて大人もついつい食べ過ぎてしまうのです。あれ?私も興奮してるんですかね。

f:id:tameriman:20190128222639j:plain


 そして、ホテルの部屋にいるときだけでなく、施設内やホテル周辺をウロウロしてるだけでも楽しめるのです。いやー、ホテルに宿泊するのって楽しいですよね。

 

f:id:tameriman:20190128222820j:plain

静かにボーっとでき、非日常感を満喫できる

 奄美大島では、時間が限られていたこともありあまり色々な観光地をまわりませんでした。そのため、海を見ながらぼーっとすることを楽しめたわけです。旅先でボーっとして、普段見ない景色を見ながら海辺でボーっとすること。それだけで日常の嫌なことも忘れられて、非日常を感じられますよね。 

f:id:tameriman:20190127224508j:plain

 子供たちは海に向かって石を投げたりしてはしゃいでました。それを見ながらぼーっとするのも至福の愉しみだと感じました。旅に来た開放感と、とても静かな海。限られた時間の中だから時間を無駄にしたくないんだけど、ボーっとしていても飽きることがないんですよね。あー幸せ。そんな贅沢を満喫できるのです。

 

お土産などを探しているのが楽しい

  お土産選びってテンション上がりますよね!その土地でしか買えないものがあるから、ちょっとだけ必死に眺めちゃうんですよね。お土産を誰に買おうか、そして何を買おうか、を考えているだけでもアッという間に時間が過ぎてしまいます。

f:id:tameriman:20190128223031j:plain

f:id:tameriman:20190128223243j:plain

 今回も旅先で楽しいブツをいろいろと見つけましt。見ているだけでも楽しいし、買ったらもっと楽しくて、「お土産がなくなるまでが旅行です!」っていう気分になってマジで最高です。

f:id:tameriman:20190128223450j:plain

旅の余韻を楽しめる

 1泊2日でも旅行は旅行。いつもよりも短いので「もっと楽しみたかった」という思いが、他の長期休暇のときの旅行と比較して全然大きいんですよね。
 ちょっとした消化不良というよりもむしろ全然足りない感じ。


いやー、1日2日じゃ足りない。また行きたい!って思ってしまうのです。それじゃもったいない!と思う人も多いかもしれませんが、LCCの航空チケットなら、チケット代をそれほど気にする必要もない程度の金額なんですよね。だから、また来ようって思えるのです。だからこそ、次は何をしようかなと想像を張り巡らすことができて、余韻に浸れるんですよ。ホント、これマジで楽しい。

 

 声を大に出して言いたい。家に帰るまでが旅行です。いや、日記に書いてその余韻に浸るまでが旅行ですと。 

子供がいろいろな場所や歴史などに興味を持つ

 我が家では、昨年の大河ドラマ「西郷どん」を見ていたのですが、その中で西郷隆盛さんが奄美大島に抑留されるシーンが出てきたんですよね。今回、奄美大島で西郷さんが過ごしたとされるお住いに行きました。

 

西郷南洲謫居跡

f:id:tameriman:20190128223551j:plain


 実はここ、子供たちがぜひ行きたいと言った場所なんですよね。住宅地の真ん中にあったのですが、住居は茅葺き屋根の立派な住居で、家の中には西郷さんのゆかりの品々がたくさん並んでいました。

f:id:tameriman:20190128223921j:plain


 子供たちにとって茅葺き屋根の家は珍しかったらしく、西郷さんがここに住んでいたのかと思いをはせながら、興味深く眺めていました。西郷さんがなぜ流刑にあったのか、幕末はどんな時代だったのか。大河ドラマでなんとなく(どこまで理解しているかはかなり怪しいですが)知っていることを少しでも見聞きできたことは、子供たちにとってとても価値があることだと思いました。

f:id:tameriman:20190128223953j:plain

f:id:tameriman:20190128224009j:plain


 帰宅してからも子供たちの中で歴史ブームが続いているんですよね。親ながらに改めて感じさせられました。歴史を知ることは今を知ること。今回の旅行で少しでも興味を持つきっかけとなったことにとても価値があると感じました。


今回のチケット

 今回はバニラエアを使って旅行をしました。セールでとても安かったんですよね。ちょっとした特急料金で行って帰ってこれちゃいます。

 で、今回、航空のフライトは以下のとおりでした。

 

往路 JW825 東京成田(NRT)13:15発 → 奄美大島(ASJ)16:15着
復路 JW824 奄美大島(ASJ)12:10発 → 東京成田(NRT)14:10着

 

 ええ。よく考えると滞在時間が20時間(睡眠時間込み)程度しかない弾丸旅行だったのですが、十分にその価値はあったと思います。また、今回は途中の交通機関で旅の雰囲気を愉しめたのでまぁよかったとしましょう。

 

宿泊

 今回の宿泊では龍郷町にあるホテルカレッタを使いました。

f:id:tameriman:20190128224218j:plain

 朝食がおいしくて、けれどもあまり気を使わなくて泊まれるリーズナブルなホテルでした。本当に節約したい人はゲストハウスに泊まると思いますが、ホテルカレッタではあまり気兼ねなく楽しめたので本当に良かった気がします。

f:id:tameriman:20190128224242j:plain

 

 施設は少し老朽化が感じられましたが、個人的にはぜんぜん許容範囲だと感じました。奄美大島は大手ホテルチェーンが進出していません。なので、その中で一定の安心感を求めると思いますが、その中でも子連れで楽しむならアリのホテルかな、と。

まとめ

 去年の旅行でも感じたのですが、今回の旅行で改めて感じたことは、1泊2日の旅行でも楽しめちゃうものなんだなぁ~ってことです。その反面で、我が家は小学4年生と2年生の息子たちがいるのですが、これがいつまで続けられるのかな、と思い始めています。

 

 今回の旅行では、あえて季節外れの奄美大島への旅行をしたわけですが、やっぱり楽しいことを再認識しました。旅慣れた人ならスケジュールをもっと詰め込んで様々な楽しみ方ができると思いますが、それほど旅慣れていない我が家でもそれなりに楽しめたのではないかと考えています。
 

 未体験の方々は皆さんもLCCを使った旅行を楽しむのを一度楽しんでみても、いいかもしれませんね!