マイル貯めリーマンの陸マイラーブログ

陸マイラーのサラリーマンがポイントサイトを駆使してANAマイルを貯めまくるブログです。

宿泊者限定のプールに入ったよ!あこがれのマリーナベイサンズ 宿泊レポート

 今年、私は夏休みのシンガポール旅行で、ついにマリーナベイサンズに宿泊してきました。


 マリーナベイサンズホテルはインフィニティプールがとにかく最高で、そのほかのハード面でもさすがと思わせるような素晴らしいホテルでした。私が宿泊した8月の上旬はシンガポールの独立記念日の直前ということもあり、ホテルの価格的には結構高かったのですが、結果的に満足感でいっぱいの滞在となりました。

 

f:id:tameriman:20180817214302j:plain

 ホント、一度は泊まる価値があるホテルだと思います。というわけで、今日はマリーナベイサンズの宿泊記を書いてみます。

 

マリーナベイサンズとは

 言わずと知れたシンガポールのリゾートホテルで、屋上に巨大なプールがあります。日本ではSMAPが登場したソフトバンクのCMで一躍有名になりましたよね。アメリカのラスベガス・サンズが運営しています。


 ホテルは全部で3つのタワーがあり、いずれのタワーもホテル部分は55階建てです。(プールは屋上の57階部分にあります)また、ホテルの前にはカジノ、映画館、ショッピングモール、コンベンションセンターなどで構成される複合施設となっています。

f:id:tameriman:20180817214637j:plain


 マリーナベイサンズは夜のレーザーショーも有名ですよね。まぁとにかく大きくて圧倒される総合リゾート施設です。

 

インフィニティプールの様子

 この施設の目玉はやっぱり屋上にあるプール!高さは海抜191mにあり、全長146mもある巨大プールです。なお、このプールには宿泊客しか入ることができません。

 

f:id:tameriman:20180817215222j:plain

 

 あまり言葉で語っても仕方がないので、写真をいくつかあげます。写真撮影した時は生憎の曇り空でしたが、眺めがすごかったです。息子2人はとにかく楽しいらしく、1時間くらいずっと泳いでいました。 眺めはこんな感じです。

 

f:id:tameriman:20180817215612j:plain

 

ちなみに、インフィニティプールの「先」はこうなってます。

f:id:tameriman:20180817221138j:plain

 

 マジで眺めがいいです。半端ないです。

f:id:tameriman:20180811123447j:plain

 

 プールは子供たちにとって水深は少し深め。(1.2m)

 

f:id:tameriman:20180817220426j:plain

 

二列目のデッキチェアから眺めた感じのパノラマ写真

f:id:tameriman:20180817221647j:plain

 

 写真だとうまく雰囲気が伝わらないのですが、インフィニティプールでは皆がとにかく「浮かれている」のです。プールに居た宿泊客のみんながそれぞれ舞い上がった気分になっている、ということでしょうか。確かに世界中さがしてもこんなプールはなかなかないですしね。私も例外なくウッキウキになってしまいました。

 

インフィニティプールへの行き方

 インフィニティプールは宿泊者限定のため、宿泊者以外は入ることができません。私が宿泊したのは低層階(16F)だったため、いちど22Fでエレベータを乗り継いで、プールがある57Fに向かいます。

 

 なお、チェックイン時には宿泊人数分のICカードが渡されます。このカードが部屋のルームキーになっているだけでなく、プールの入退場のキーにもなっています。(エレベータのフロアを指定して停車する際のキーにもなっています)

 

f:id:tameriman:20180817222931j:plain

 

 インフィニティプールの入退場口は電車の自動改札のような造りになっており、更に監視員が見張っておりガッチリとガードされています。私が見た感じではここで誰かについて出たり入ったりするのは難しそうです。

 

f:id:tameriman:20180817223229j:plain

(プール側からみた自動改札的なプール入口)

 

 なお、屋上には着替えるスペースがありませんので、部屋で水着に着替えてから向かいます。私は屋上までTシャツを着ていきましたが、エレベータで一緒に乗った欧米の方は部屋に備え付けのバスローブを着て乗ってきました。屋上は意外と風が強く水温もそれほど高いわけではないので、体が冷えます。

 また、デッキチェアを確保するために何か荷物を持ってくる人が多かったのですが、荷物+ガウンで来るのはアリだなと思いました。

 

 なお、バスタオルはプールサイドで借ります。特にルームナンバーなどは必要なく勝手にとって良いスタイルでした。バスタオルだけをデッキチェアに置いていても、定期的に片付けられてしまうので注意が必要です。

 

部屋の様子

 私が泊まったのはプレミアツインガーデンビュー(Premier Twin Garden View)で、バルコニー含めて47㎡ある少し広めのお部屋でした。

 

f:id:tameriman:20180817223612j:plain

 

 部屋はとても清潔で綺麗でバスルームもなかなかイケてます。普段、私は部屋に入ったその瞬間を大切にしたいので、ホテルに入室した直後に写真を撮らないようにしているのですが、この時ばかりは思わず写真を撮りまくってしまいました。

 

f:id:tameriman:20180817223748j:plain

 

 我が家が宿泊したのはツインベッドの部屋で、12歳以下の子供なら宿泊代がかかりません。そのため1部屋ですみました。それでも、今回の旅行では1泊あたり他の3倍くらいする宿泊費だったんですがね...それだけの価値はありました。

 

 バスルームも素敵でしたよ。プレミアルーム以上の部屋にはバスタブがあるようですね。結局シャワーしか使いませんでしたが。

 

f:id:tameriman:20180818070806j:plain

 

 トイレも清潔そのもの。...しかし、ウォシュレットがついていないのが残念。(海外じゃほとんどついてるの見たことないですが)

f:id:tameriman:20180818071339j:plain

 

f:id:tameriman:20180818071636j:plain

 

 また、窓の外にはバルコニーがあり、ここで外の雰囲気を味わえます。目の前にはガーデンズバイザベイが広がります。とっても素敵!!

f:id:tameriman:20180817224359j:plain

 

 

 ちなみに私が宿泊した日はシンガポールの独立記念日の前だったので、祝典のための航空演習などで戦闘機やヘリコプターなどが飛びまくってました。バルコニーからよく見えましたよ。(写真で見ると小さく見えますが、音はすごく大きかったです)

 

f:id:tameriman:20180817224844j:plain


 なお、部屋に冷蔵庫(ミニバー)がありますが、自分で買ったものは入れられるスペースがありません。この冷蔵庫、センサーで管理されているため自分たちで買ってきたものを入れることができないのです。なので、この点は諦めるしかないですね。(ちなみに、ネット上で冷蔵庫を開けるだけでNGとの書き込みもありましたが、そんなことはありませんでした)

 

f:id:tameriman:20180817225108j:plain

 

 なお、マリーナベイサンズの公式Webにある客室の特徴は以下のとおり。

 

客室の特徴
47平方メートル
キングベッド1台またはシングルベッド2台
充実したミニバー
ガラス張りのシャワースペースと深めのバスタブを備えた広々としたバスルーム
高級バスルームアメニティ
マイクロファイバーのテリー織りバスローブ
ヘアドライヤー
42インチ薄型インタラクティブテレビ
ケーブルチャンネル(無料)およびオンデマンドの映画(有料)
エグゼクティブワークデスク
室内金庫
アイロンとアイロン台
靴ブラシ、靴べら
禁煙室または喫煙室を選択可能
プレミアルームの一部はバルコニーを備えています(空室状況に応じて割り当てられます)

 

フロントなどなど

 とにかくでかいです。1Fのロビーには人がたくさん居て、宿泊客だけでなく観光客もたくさんいると思われますが、とにかく天井が高いため開放感があってゴミゴミした感じがしません。

f:id:tameriman:20180818072531j:plain

 

 ちなみに、ロビーは日中帯は混雑していますが、夜中(夜の23時)はさすがに閑散としています。

f:id:tameriman:20180818072939j:plain

 

 1Fのロビーから吹き抜けになっている空間は上から見てもいい眺めです。16Fから下を見下ろすとこんな感じになっています。

f:id:tameriman:20180818072233j:plain

 

ちなみにホテルのエレベータフロアからはシティビューの景色が楽しめました。(すごーく小さくマーライオンが見られます)

 

f:id:tameriman:20180817224540j:plain

 

 

マリーナベイサンズのアクセス

 マリーナベイサンズは地下鉄のBayFront駅に地下道経由で直結しています。実際に何往復かしましたが、Tower3のフロントからMRTの改札口まではだいたい4-5分くらいかかる感じでした。アクセスは悪くないですね。

 

f:id:tameriman:20180817225534j:plain

 また、私はシンガポールのフェリーターミナル(タラメナフェリーターミナル)からタクシーに乗りましたが、だいたい17ドルぐらいでした。シンガポールのタクシーは意外とリーズナブルなので積極活用をすべきと感じました。(混雑時を除く)

 

周辺施設(カジノ、ショッピングモールは?)

 巨大でハイブランドが立ち並ぶショッピングモールは見ているだけで楽しいです。主要なブランドは網羅されていますね。モール内に運河が流れており、船に乗っている人もいます。これだけで何か楽し気な雰囲気になりますね。

f:id:tameriman:20180818073445j:plain


 ショッピングモールの一番端にはホーカーズ(というかフードコード)もあるので比較的リーズナブルに食事が楽しめます。

 

f:id:tameriman:20180811125723j:plain

 

 

レーザーショー

 マリーナベイサンズでは、SPECTRA(スペクトラ)と呼ばれる約15分間の噴水+レーザーショーが行われます。ショーが行われるのは毎日20時と21時の1日2回(金~日までは22時もあわせた1日3回)

f:id:tameriman:20180818074102j:plain

 私は夜のマーライオンを見るついでにマリーナベイの対岸からレーザーショーを眺めましたが、対岸から見ていて楽しいのは終わる前の3分間くらい。それまでが意外と退屈です。一番のビューポイントはマリーナベイサンズそばの遊歩道。イベントプラザのところから見るのがよいみたいです。

 

マリーナベイサンズの悪いところ

 ただし、このホテルは個人的には良いことばかりではないと思います。私が思うマリーナベイサンズの短所を書いてみます。

サービスは超一流ではない

 ホテルの方々がキビキビ動いているのは好印象なんですが、いわゆる大規模ホテルにありがちな流れ作業的な感じになってしまうのです。ホスピタリティにかけると表現するのよいのでしょうか。この点は超大規模ホテルなので、ある意味致し方ない気がします。 

冷蔵庫が使えない

 これが地味に痛いです。まぁ、ミニバーを使えよって話なんでしょうけどね...。 自分の好きな飲料を冷やしておきたいってだけじゃなくて小腹が空いたときのヨーグルトやアイスなどを冷やしておけないのはちょっときついです。

 ちょっとした飲み物や食べ物の買い出しはショッピングモールにあるColdStorageかBayfront駅近くにあるセブンイレブンまで買い出しに行く必要があります。ちょっとしたお菓子や飲料などを買う場所が少ないですよね。

 なお、チェックアウト時間帯のエレベータは(確かに混雑しましたが)許容範囲内でした。 

マリーナベイサンズのまとめ

 私が宿泊して思ったことを書いてしまいましたが、総合点としてはかなりハイレベルにあるホテルだと思います。

 

 このホテルは、「リゾートを楽しんでのんびり休暇を楽しみたい」人よりも、「都会にあって、刺激を楽しむための唯一無二のホテル」なんだなと実感しました。その意味では超一流と呼べるのではないでしょうか。

 

f:id:tameriman:20180818074949j:plain

 

 

 個人的には、インフィニティプールに行った時の天気が良くなかったのと、プールからの夜景をあまり楽しんでいないので、また機会があれば(カジノでの負け含めて)リベンジしたいなぁと思っている今日この頃です。まぁ1泊でいいかな?とは思いますけど。


 まだ泊まったことが無いあなた、宿泊するだけの価値はあると思いますので、是非!お試しください!

 

最後に陸マイラーとしてのおススメサイト「モッピー」のご紹介

 今回の旅行では、航空チケットをマイルでゲットできたので、泊まりたいホテルにお金を使うことができ、旅行を充実させることができました。私が陸マイラーになる前は考えられなかったことですが、本当に「やっててよかった陸マイラー」と実感しました。

 モッピーはマイラーのANA派にもJAL派のいずれにもおススメできる、いま一番勢いがあるポイントサイトです。もし本記事をご覧になって、登録がまだの方は以下のWebからユーザ登録をどうぞ。今ならキャンペーンでユーザー登録後のポイント交換後に最大で1300ポイントをもらえます(※)ので、ぜひ皆様もポイントをゲットしてください。(※ 2018年8月31日までの特典)

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト