マイル貯めリーマンの陸マイラーブログ

陸マイラーのサラリーマンがポイントサイトを駆使してANAマイルを貯めまくるブログです。

いつの間にか泳げるようになった、という話

今日はマイラー活動とは違いますが、私が小さい頃から悩んでいたコンプレックスの話を書きます。

私は小さい頃から、水泳はすごく苦手だった。幼少の頃は水に少し水がかかっただけでも大泣きする、顔を付けることすらままならない、極度に水が苦手な子供でした。

私は小学生の低学年のころは、クラスで一番足が速いということと、少年野球でエースで球技はそつなくこなせたこともあって、スポーツができるキャラだった。だからこそ、泳げないことを克服したいという気持ちはあるものの、自分のプライドが邪魔をして、水泳が苦手なことを隠し続けていた。

それでも、頑張って我慢すれば潜ることができるぐらいにはなれた。けれども、水を付けるとちょっとしたパニック状態になるため、息継ぎがうまくできず泳げないことがコンプレックスのまま、時が過ぎた。

小学生も高学年になって、いよいよ自分が水泳が苦手なことを隠すことができなくなり、その流れで自分は水泳のみならず、体育が嫌いになった。夏休みの水泳教室も中学受験の夏期講習などの関係で通うこともなく、結局、25m泳げるようになれずに中学生になった。
 
その後、私は私立の中学に進んだことで、周囲には私の小学校時代を知らない奴らがほとんどになった。おかげでスポーツができる(てきた)キャラは捨てることができたが、泳げるようにはなれなかった。全く泳げないわけではない。正しくは、泳ぎ始めて十数秒は我慢できるため、25Mプールの半分途中ぐらいまでは行くことができた。けれども、それ以上はパニックになって駄目だった。
 
それからは進歩することなく時が過ぎた。よかったのか悪かったのか。
私が通ったのは中高一貫の学校で高校で、中学で水泳の授業があったもののそれほど多くなく、その後の高校ではほぼ水泳の授業がなかったため、当然のように水への恐怖心はなくならず、水泳嫌いのまま大学生になった。

大学生になっても泳げないままだった。水泳の授業などは無いので水泳嫌いを意識する機会は殆どなくなったが、それでも夏になると海に行くことがあって、友人たちと皆で海に行ったが全然楽しくなかった。同期の誰かからいつ「泳ごうぜ!」と言われるかヒヤヒヤして、カナヅチであることを悟られるのを恐れるあまり、当時好きだったあの娘の水着姿やその他大勢の娘の水着姿に目が行くことは無かった。いや、正確には気にしてたけどそんな余裕はなく、自分の水嫌いを隠すことが一番の優先事項だった。誰かが沖まで泳ぎに行っても、「あいつ元気だなー」とか言って、浜辺でビールを飲んだりしてごまかしていた。

その後に彼女ができて海やリゾートに行っても、やっぱりカナヅチであることを悟られたくなかった。リゾートに行っても、いつ「泳がないの?」と言われるんじゃないかと思っていた。彼女に「あれ?俺君カナヅチだったんだwww」と言われたくなかった。
大人になって泳げないなんて言いたくなかった。

社会人になってからも何も変わらなかった。泳げないまま数年が過ぎた。。いまから10年ちょっと前に私は結婚した。妻にはカナヅチということを言い出せずにいた。そんな中、幸福なことに二人の子供を授かった。二人の子供は私に似て、超がつくほどの水嫌いだった。風呂に入れるのもむちゃくちゃ面倒で、顔に少し水がつくだけでも大泣きして大変で、小さい頃の入浴には多くの時間を費やした。

だから私は、子供たちに私のような水嫌いの子供になって欲しくなかったため、妻には「水泳を習わせると体が強くなるので習わせたい」という理由で強く迫り、子供たちをスイミングスクールに通わせることにした。
 
スイミングスクールに連れていくのは大変だった。スイミングスクールに直前になるといやだと泣き喚くし、スクールの前に着くと泣いて暴れるし、スクールが始まってからも目を盗んでサボるし、スクールの途中で何度もトイレに行って少しでもスクールの時間を短くするよう涙ぐましい努力(?)をするひどい避けようだった。だから、ほかの子たちに比べるとやたらと上達が遅かった。妻からは「辞めさせようか」と提案されたが、私は子供たちに水泳を辞めさせたくなかった。自分のようになってほしくなかったからだ。

そんな苦労の甲斐があって、二人の息子たちは小学生にあがる頃には水遊びが大好きといえるくらいには水泳好きの男子二人が出来上がった。これはとても嬉しかった。水泳を始めさせて良かったと心の底から思った。

そしてつい先日、私は二人の息子と市民プールで一緒に遊んでいた。それまで、私は息子と一緒にプールに行ってもコンタクトレンズを装着しているために、水に顔をつけることがなかったのだが、気まぐれで息子のゴーグルを借りて潜ってみたところ、難なく潜れることを発見した。

これは大きな発見だった。

発見・・・!? いや、正しくは違う。「発見」というよりもむしろ、自分的にとっては「革命」だった。自分が顔を水につけて、パニック状態にならないのか不思議だった。潜っても大丈夫なことはこれまでの人生で一度も無かったからだ。
 
家に考えて考えた。何故?潜っても大丈夫だったのか。理由はわからない。けれども、私は潜っても大丈夫なのだ。もしかしたら泳げるかもしれない。少しずつ喜びが沸き上がってきた。次に息子たちとプールに行ったときは泳いでみよう、そう考えて、私はさっそく次の週に息子たちと近所の温水プールに行ってみた。
 
そして、意を決して試しに大人用のプールに入って泳いでみたところ、あれほど嫌い、、、というか潜るだけでちょっとしたパニック状態に陥っていたのが、恐怖心がなくなっていることがわかった。これには心が躍った。
 

  「問 題 な く 泳 げ る ! !」
 
 
普通に25メートル泳げたのだ。これまでの人生で一度も泳ぐことができなかったのに。私は高校時代、いや中学時代からなにも練習していなかったのになぜだろう・・・!???私は変わっていないハズ!!なぜなら、変わることを意図的に避けていたのだから。
 
けれども私はいま泳げる。では、なぜ泳げるようになったのか。
理由はわからない。未だに謎のままである。

けれども、ちょっとした仮説がある。私なりの解釈では、水嫌いだった息子たちが水嫌いを克服したことで、私の恐怖心を取り除き、「私にもできるはず!」と思うことに成功したのではないか?と考えている。ある意味、自分なりの結論ながら、半分ぐらい本当なんじゃないかと考えている。
 
もう少し踏み込んで考えて自己分析すると、思えば小学生の頃から今の今まで、スポーツ万能という自分とずっと戦っていたのではないか、と思う。スポーツができる自分。けれども泳げないことを外にさらけ出せない自分。そして、オトナになったら「いい大人が泳げないなんて」と思われたらいやだな、という自分。

今考えると、非常にちっぽけなことに拘っていたのかもしれないけれど、大人になる前は大きな問題だったのだろう。そう考えると、私が泳げるようにならなかったのは自身のプライドだったのかもしれないけれど、逆に自分を克服して成長できたのも息子たちにできて私にできないことはない、という一種のプライドだったのかもしれないな、と思う。非常に因果なことなのかもしれない。未だに私のなかでまだ消化しきれていない。

ともあれ、原因は不明だけど、プライスレスな発見ができた、と思う次第です。自分の成長を助けてくれた我が息子たち。つい先ほども眺めながら思った。
 
息子たちよ、ありがとう。
 
これからも、息子たちは成長していくのだろう。
そして私は知った。親として息子たちの成長をそれを見守るだけでなく、私も成長していくことができる。少なくとも私はそう考えている。
 
自分以外のほかの人にとって、何も変わっていない。そんなことはほかの誰にとってもどうでもよいことなのだろう。けれども、私にとって、ん十年のコンプレックスを解消できた。その記念に(最初は、はてなのAnonimous Diaryに書こうと思ったけど)折角なので最近始めた陸マイラー活動のブログに書いてみることにした。
 
 
今は梅雨の真っただ中ですが、もう少しで夏ですね。
私はもはや水は怖くない。だから、今年の夏、私は去年よりももっとリゾートを楽しむ。夏よ来い。早く来い。私はもう待ちきれない。そして何より40過ぎても人って成長できるんだと思えた、そう思えた2017年の6月です。
 
読んでくれてありがとう。