マイル貯めリーマンの陸マイラーブログ

陸マイラーのサラリーマンがポイントサイトを駆使してANAマイルを貯めまくるブログです。

ポイントからマイルへの効率的な交換スケジュール

ポイントサイトなどを使ってポイント獲得する方法はわかってきたけれど、ポイントサイトからマイルへの交換がまだ手馴れていないという人は、意外と多いのではないでしょうか。せっかく貯めたポイントもマイル化して使わなければ意味がありません。
そして、陸マイラーならば、ポイントサイトからマイルに交換することは最優先で考えたいですよね。
 
今回は、ちょびリッチやハピタスなどで得たポイントをANAマイルに交換するための効率的なスケジュールを記載します。なお、陸マイラー必須のソラチカカードを使ったソラチカルートでANAマイルに交換することを前提としています。
 

概要

ポイントサイトからANAマイルに交換するための手順として、ポイント移行の手順を3段階おこなう必要があります。ちょびリッチとハピタスを例に交換ルートを記載すると以下の通りです。
 
・(交換手順1)ちょびリッチやハピタスなどのポイントサイトからドットマネーなどのポイント交換サイトに交換する
 
・(交換手順2)ポイント交換サイトからメトロポイントに交換する
 
・(交換手順3)メトロポイントからANAマイルに交換
 
f:id:tameriman:20170520220229j:plain
 
それぞれの交換に必要な日数はまちまちで、リアルタイムに反映されるものもあれば、交換申請をしてから1か月弱~最大で2か月弱かかる場合もあります。そのため、できるだけ効率的な運用をおこない、ANAマイルに交換するまでの期日を短縮するよう心がけることが大事です。効率的なスケジュールでだいたい2か月弱かかります。
 

ポイントサイト(ちょびリッチ・ハピタス)からドットマネーへの移行


・ちょびリッチ→ドットマネー (即日)
 ちょびリッチからドットマネーへの交換申請で、ドットマネーに即時反映されます。なので、ちょびリッチからドットマネーに交換手続きを行ない、直後に ドットマネーからメトロポイントへの交換手続きを一連の処理として対応が可能です。
 

・ハピタスからドットマネーの場合(3日~5日)(※3営業日)
 ハピタスからドットマネーへの交換は「ドットマネーギフトコード」へ移行します。
 ギフトコードが発行された後にドットマネーでポイント化し、メトロポイントへ移行します。 このギフトコードの発行が3営業日かかることと、交換に要する日数がちょびリッチに比べて 数日多くなるため注意が必要です。 また、ギフトコードをポイント化する必要があるため、手順が1つ多くなりますのでご留意ください。
 
なお、注意点として、ポイントサイト(ちょびリッチ、ハピタス)からドットマネーへの交換に関する注意点があります。交換とは別にキャンペーンとしてポイントの交換をした翌月に1%のポイントが追加加算されます。この1%は月の半ばにポイント付与がされますが、有効期限がその月末までととても短いです。そのため、月半ば(17日ごろ)に付与されたポイントを毎月の月末までに完了させるように定期的に交換を行うことが必要です。
 
そこで、ポイントが付与される17日ごろから月末までにメトロポイントへの交換申請が完了できるようなスケジュールをあらかじめたてておくことで、効率的なポイント交換ができるようになります。


ドットマネーからメトロポイントへの移行

ドットマネーからメトロポイントへの交換申請は毎月15日締め、メトロポイントへの反映が翌月11日となっています。気をつける点は、毎月15日までに交換申請をしておかないと翌月まで処理されず、最大で1か月近くのタイムロスをしてしまう点です。毎月の上旬にはドットマネーでの交換申請までを完了させておくようにしておきましょう。
 
 

メトロポイントからANAマイルへの移行

メトロポイントからANAマイルへの変更は毎月15日締め、交換完了は翌月5日~8日頃までです。また、毎月2万ポイント(=18000マイル相当)までが交換可能となっています。交換申請を16日以降に行った場合、翌月15日まで交換されませんのでご注意ください。
 


最短の交換スケジュール(約54日~60日程度)

以上の内容を考慮したポイントサイトからANAマイルまでの最短の交換スケジュールは以下のとおりです。1月を例とします。

 ・1月11日まで ちょびリッチでドットマネーへ交換申請
  同日     ドットマネーからメトロポイントへ交換申請
 
 ・2月11日~2月15日 メトロポイントからANAマイルに交換申請
 
 ・3月5日~8日頃 ANAマイルに交換完了
 

おススメの交換スケジュール(約65日~71日程度)

なお、ドットマネーではポイント交換した際の翌月に交換した1%のポイントを還元するキャンペーンをやってます。これが適用された場合の効率的なスケジュールはいかのとおりです。
 
 ・1月月末まで ちょびリッチでドットマネーへ交換申請
  同日     ドットマネーからメトロポイントへ交換申請
 
 ・3月11日~3月15日 メトロポイントからANAマイルに交換申請
 
 ・4月5日~8日頃 ANAマイルに交換完了
 
前述の最短スケジュールよりも10日超のタイムロスが発生していまいますが、交換時の1%ボーナスを無駄なく利用することが可能です。

■まとめ
以上をまとめると、ドットマネーのキャンペーンを前提とした場合の効率的な交換スケジュールの重要店は以下のとおりです。
 
・ポイントサイトからポイント交換サイトへの交換と、
 ポイント交換サイトからメトロポイントへの交換は毎月17日~月末までに完了させる
 
・メトロポイントからANAマイルへの交換は毎月11日から15日までに交換申請をすれば、翌月5~5日までにはANAマイルに反映される
 
効率的な交換スケジュールで、ANAマイルを確実にスピーディにゲットしましょう。
 
最後に、ポイントサイトへの登録がまだの方はぜひ、以下のバナーから「ちょびリッチ」への登録をご検討ください。あなたにも初回登録の特典で500ポイントがゲットできます。

私はまだヒヨッコなので、私が結果を出すことが大事だと思っています。もしよければ、あなたも以下のバナーから入会して、ちょびリッチの500ポイントをゲットして下さい!
 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

関連情報

今回はソラチカルートを前提としていますので、こちらのカード発行が必須となります。陸マイラー必携のカードと言われてますので、ぜひ、ご参考にしてください。