マイル貯めリーマンの陸マイラーブログ

陸マイラーのサラリーマンがポイントサイトを駆使してANAマイルを貯めまくるブログです。

はじめてのおともだち

ブログを始めて早4か月。
 
モッピーではじめて紹介の友達(と、そのポイント)をいただきました。どなたか存じませぬが、ありがとうございます。本当にうれしいです。 
 

f:id:tameriman:20170622045431j:plain

 
私はサラリーマンの陸マイラーでSFC修行などはまだまだ先のヒヨッコマイラーですが、皆さんのいろいろな情報を活用しながら、はやく私の付加価値もあわせた情報を提供したいです。
 
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

モッピーのご紹介

モッピーはマイラーのANA派にもJAL派のいずれにもおススメできる、いま一番勢いがあって、ノリに乗ってるポイントサイトです。
もし登録がまだの方は以下のWebからユーザ登録をどうぞ。ユーザー登録後のポイント交換後に500ポイントをもらえますので、ぜひ皆様もポイントをゲットしてください。
 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

  

いつの間にか泳げるようになった、という話

今日はマイラー活動とは違いますが、私が小さい頃から悩んでいたコンプレックスの話を書きます。

私は小さい頃から、水泳はすごく苦手だった。幼少の頃は水に少し水がかかっただけでも大泣きする、顔を付けることすらままならない、極度に水が苦手な子供でした。

私は小学生の低学年のころは、クラスで一番足が速いということと、少年野球でエースで球技はそつなくこなせたこともあって、スポーツができるキャラだった。だからこそ、泳げないことを克服したいという気持ちはあるものの、自分のプライドが邪魔をして、水泳が苦手なことを隠し続けていた。

それでも、頑張って我慢すれば潜ることができるぐらいにはなれた。けれども、水を付けるとちょっとしたパニック状態になるため、息継ぎがうまくできず泳げないことがコンプレックスのまま、時が過ぎた。

小学生も高学年になって、いよいよ自分が水泳が苦手なことを隠すことができなくなり、その流れで自分は水泳のみならず、体育が嫌いになった。夏休みの水泳教室も中学受験の夏期講習などの関係で通うこともなく、結局、25m泳げるようになれずに中学生になった。
 
その後、私は私立の中学に進んだことで、周囲には私の小学校時代を知らない奴らがほとんどになった。おかげでスポーツができる(てきた)キャラは捨てることができたが、泳げるようにはなれなかった。全く泳げないわけではない。正しくは、泳ぎ始めて十数秒は我慢できるため、25Mプールの半分途中ぐらいまでは行くことができた。けれども、それ以上はパニックになって駄目だった。
 
それからは進歩することなく時が過ぎた。よかったのか悪かったのか。
私が通ったのは中高一貫の学校で高校で、中学で水泳の授業があったもののそれほど多くなく、その後の高校ではほぼ水泳の授業がなかったため、当然のように水への恐怖心はなくならず、水泳嫌いのまま大学生になった。

大学生になっても泳げないままだった。水泳の授業などは無いので水泳嫌いを意識する機会は殆どなくなったが、それでも夏になると海に行くことがあって、友人たちと皆で海に行ったが全然楽しくなかった。同期の誰かからいつ「泳ごうぜ!」と言われるかヒヤヒヤして、カナヅチであることを悟られるのを恐れるあまり、当時好きだったあの娘の水着姿やその他大勢の娘の水着姿に目が行くことは無かった。いや、正確には気にしてたけどそんな余裕はなく、自分の水嫌いを隠すことが一番の優先事項だった。誰かが沖まで泳ぎに行っても、「あいつ元気だなー」とか言って、浜辺でビールを飲んだりしてごまかしていた。

その後に彼女ができて海やリゾートに行っても、やっぱりカナヅチであることを悟られたくなかった。リゾートに行っても、いつ「泳がないの?」と言われるんじゃないかと思っていた。彼女に「あれ?俺君カナヅチだったんだwww」と言われたくなかった。
大人になって泳げないなんて言いたくなかった。

社会人になってからも何も変わらなかった。泳げないまま数年が過ぎた。。いまから10年ちょっと前に私は結婚した。妻にはカナヅチということを言い出せずにいた。そんな中、幸福なことに二人の子供を授かった。二人の子供は私に似て、超がつくほどの水嫌いだった。風呂に入れるのもむちゃくちゃ面倒で、顔に少し水がつくだけでも大泣きして大変で、小さい頃の入浴には多くの時間を費やした。

だから私は、子供たちに私のような水嫌いの子供になって欲しくなかったため、妻には「水泳を習わせると体が強くなるので習わせたい」という理由で強く迫り、子供たちをスイミングスクールに通わせることにした。
 
スイミングスクールに連れていくのは大変だった。スイミングスクールに直前になるといやだと泣き喚くし、スクールの前に着くと泣いて暴れるし、スクールが始まってからも目を盗んでサボるし、スクールの途中で何度もトイレに行って少しでもスクールの時間を短くするよう涙ぐましい努力(?)をするひどい避けようだった。だから、ほかの子たちに比べるとやたらと上達が遅かった。妻からは「辞めさせようか」と提案されたが、私は子供たちに水泳を辞めさせたくなかった。自分のようになってほしくなかったからだ。

そんな苦労の甲斐があって、二人の息子たちは小学生にあがる頃には水遊びが大好きといえるくらいには水泳好きの男子二人が出来上がった。これはとても嬉しかった。水泳を始めさせて良かったと心の底から思った。

そしてつい先日、私は二人の息子と市民プールで一緒に遊んでいた。それまで、私は息子と一緒にプールに行ってもコンタクトレンズを装着しているために、水に顔をつけることがなかったのだが、気まぐれで息子のゴーグルを借りて潜ってみたところ、難なく潜れることを発見した。

これは大きな発見だった。

発見・・・!? いや、正しくは違う。「発見」というよりもむしろ、自分的にとっては「革命」だった。自分が顔を水につけて、パニック状態にならないのか不思議だった。潜っても大丈夫なことはこれまでの人生で一度も無かったからだ。
 
家に考えて考えた。何故?潜っても大丈夫だったのか。理由はわからない。けれども、私は潜っても大丈夫なのだ。もしかしたら泳げるかもしれない。少しずつ喜びが沸き上がってきた。次に息子たちとプールに行ったときは泳いでみよう、そう考えて、私はさっそく次の週に息子たちと近所の温水プールに行ってみた。
 
そして、意を決して試しに大人用のプールに入って泳いでみたところ、あれほど嫌い、、、というか潜るだけでちょっとしたパニック状態に陥っていたのが、恐怖心がなくなっていることがわかった。これには心が躍った。
 

  「問 題 な く 泳 げ る ! !」
 
 
普通に25メートル泳げたのだ。これまでの人生で一度も泳ぐことができなかったのに。私は高校時代、いや中学時代からなにも練習していなかったのになぜだろう・・・!???私は変わっていないハズ!!なぜなら、変わることを意図的に避けていたのだから。
 
けれども私はいま泳げる。では、なぜ泳げるようになったのか。
理由はわからない。未だに謎のままである。

けれども、ちょっとした仮説がある。私なりの解釈では、水嫌いだった息子たちが水嫌いを克服したことで、私の恐怖心を取り除き、「私にもできるはず!」と思うことに成功したのではないか?と考えている。ある意味、自分なりの結論ながら、半分ぐらい本当なんじゃないかと考えている。
 
もう少し踏み込んで考えて自己分析すると、思えば小学生の頃から今の今まで、スポーツ万能という自分とずっと戦っていたのではないか、と思う。スポーツができる自分。けれども泳げないことを外にさらけ出せない自分。そして、オトナになったら「いい大人が泳げないなんて」と思われたらいやだな、という自分。

今考えると、非常にちっぽけなことに拘っていたのかもしれないけれど、大人になる前は大きな問題だったのだろう。そう考えると、私が泳げるようにならなかったのは自身のプライドだったのかもしれないけれど、逆に自分を克服して成長できたのも息子たちにできて私にできないことはない、という一種のプライドだったのかもしれないな、と思う。非常に因果なことなのかもしれない。未だに私のなかでまだ消化しきれていない。

ともあれ、原因は不明だけど、プライスレスな発見ができた、と思う次第です。自分の成長を助けてくれた我が息子たち。つい先ほども眺めながら思った。
 
息子たちよ、ありがとう。
 
これからも、息子たちは成長していくのだろう。
そして私は知った。親として息子たちの成長をそれを見守るだけでなく、私も成長していくことができる。少なくとも私はそう考えている。
 
自分以外のほかの人にとって、何も変わっていない。そんなことはほかの誰にとってもどうでもよいことなのだろう。けれども、私にとって、ん十年のコンプレックスを解消できた。その記念に(最初は、はてなのAnonimous Diaryに書こうと思ったけど)折角なので最近始めた陸マイラー活動のブログに書いてみることにした。
 
 
今は梅雨の真っただ中ですが、もう少しで夏ですね。
私はもはや水は怖くない。だから、今年の夏、私は去年よりももっとリゾートを楽しむ。夏よ来い。早く来い。私はもう待ちきれない。そして何より40過ぎても人って成長できるんだと思えた、そう思えた2017年の6月です。
 
読んでくれてありがとう。

JALの陸マイラーはモッピーのFX案件で全力ゲットだっ!

最近は比較的に仕事が忙しかったので陸マイラー活動からは離れておりました。そのため、ここ数日のポイントサイトの動きにキャッチアップできていませんでしたが、この週末にやっと動きに追いついてこれました。
 
ここ2週間ぐらいのポイントサイトは本当に動いていますね。これまで、私はポイントサイトの使い分けに関して比較的慎重的なスタンスでしたが、脱初心者陸マイラーを目指して、モッピーを使うことにしました。

一番の事件といえば、これまでANAのマイルと比べて貯めにくかったJALのマイルが期間限定とはいえ、最大80%の交換率で交換ができるようになったこと。(~2017/8/31まで)しかも、ソラチカルートのようにいくつかのサイトを経由させるわけではなく直接交換!  加えて、1日あたり6000マイルを交換できるので、理論上は1か月あたり18万マイルが獲得可能となったわけです。
 

これは事件ですね。
 

2017 JALのマイル交換ドリームキャンペーン
 キャンペーン期間中は、JALのマイル交換レートが
 通常3P=1マイル → 2P=1マイル
 さらにキャンペーン期間中、12,000P(6,000マイル)を好感された方は
 スカイサマーボーナスとして4,500Pを何度でもプレゼント!
 

f:id:tameriman:20170612005507j:plain


いままで交換比率が悪かったJALで、複数のポイントサイトからこれが行われたことが衝撃的で、もしかしたら、今後陸マイラー界の地殻変動があるかもしれない、そんなニュースだったんですね。
 
これまで、陸マイラーがポイントサイトで効率的に稼げるのは主にANAだったため、JAL派の人にとっては面白くなく、ポイントサイトでの陸マイラー活動に対しては無関心だった人は人はおおいのではないでしょうか。そんな人にとって、今回のキャンペーンは大チャンスです。
 

今からでも遅くない。さっそく始めてみようか?と考えた人は意外と多いのではないでしょうか。では、どんな案件をやればよいのだろう。いくつかおススメを見繕ってみました。まずは大量ポイントをゲットできるFX案件で、比較的に獲得ポイント数が多く(15000ポイント以上)かつ、8/下旬までにポイント反映を狙えそうな案件をチョイスしています。案件はいずれも2017年6月12日0:30時点のものです。
 

FX案件の前にやらなければならないこととして、まずはモッピーの利用のための登録が必要です。もし登録がまだの方は以下のバナーからユーザ登録をどうぞ。ユーザー登録後のポイント交換後に500ポイントをもらえますので、ぜひ皆様もポイントをゲットしてください。
 
 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 


モッピーのおすすめFX案件


いずれも定番案件ですが、もし試したことがなければぜひお試しください。また、以下の3案件は高額ポイント獲得できること、かつモッピーの2017 JALマイル交換ドリームキャンペーン(~2017/8/31まで)に獲得できそうなことを条件としてチョイスしてます。
新規口座開設後、初回取引完了
予定反映
3日以内
確定反映
取引完了後20日前後

ポイント獲得条件
【獲得条件】
新規口座開設後、初回一括入金5万円、新規1lot取引完了
※初めて「DMM FX」にお申込みされる方が対象
※一世帯1回限り

 

f:id:tameriman:20170612005641j:plain

 
口座開設後、取引完了
予定反映
3日以内
確定反映
取引完了後20日前後
ポイント獲得条件
【獲得条件】
新規口座開設後、口座開設申込日から60日以内に一括5万円以上入金、新規1lot以上の取引完了
※0.1Lot×10回も対象
※法人様の口座開設も対象
※DMM FX/DMM CFDの口座をお持ちでも対象
※初めて「外為ジャパン」の口座にお申込みされる方のみ対象
※一世帯1回限り

 

 

f:id:tameriman:20170612005704j:plain

これは少し取引量が多めですが。

・トレイダーズ証券株式会社 「みんなのFX」
http://pc.moppy.jp/ad/detail.php?m_id=331120
口座開設後、90日以内に30lot以上の取引完了
予定反映
1日以内
確定反映
取引完了後、60日前後
ポイント獲得条件
【獲得条件】
口座開設申込後、90日以内に30Lot以上取引完了
※初めて「みんなのFX」に申込みされる方が対象

 

 
 
f:id:tameriman:20170612005730j:plain
 

以前に私がちょびリッチで記事を書いた案件とかぶりますね…。
 
 
これらのFX案件は少々手間がかかるものの、3つこなせば45000ポイント(JALマイル 期間限定交換レート80%換算で36000マイル相当)となりますので、うまく80%交換できるように他の案件をこなしてポイントをゲットしながら効率的にマイルに交換できるようご調整ください。
 


そして考える


ここ2週間ぐらいの間の激動はすごい、と感じると同時に、私がよく使っていたサイト
「ハピタス」が元気ないのが気になっています。ポイントサイトとしてモッピーはチャレンジングな姿勢を見せてくれています。おそらく、ポイントサイトが市場シェアを奪うためにはJALマイルの獲得などを手土産にユーザを集めようとしているのだと考えます。


今後もポイントサイト同士が切磋琢磨してより良いサービスを提供していただけたら
ユーザとしてうれしいと思った次第です。
 
 
 

メトロポイントからANAマイルに初加算されました!

陸マイラー活動開始から早3か月。初めてソラチカルートで私のマイル口座にマイルが加算がされました。これは嬉しいですね。テンションがあがります。 

 

f:id:tameriman:20170609092822j:plain


マイラー活動の開始直後は失敗の連続でしたが、とにかく結果が出てうれしいです。引き続き、マイラー活動を頑張ろうと決意した次第です。
 
で、
そろそろ私も次のステージに行きたいと考え、まず手始めに利用するポイントサイトを増やしました。これまで私はちょびリッチとハピタスの2つのポイントサイトを利用してきましたが、最近乗りに乗ってるモッピーを遅ればせながら始めることにしたのです。

モッピーのサイトの構成にまだ慣れておらず、使いこなすには至ってませんが、掲載されている案件などは大きく変わらないので、すぐに慣れると思います。今後、案件に応じて最適なポイントサイトを使い分けていこうと思います!!
 
モッピーはいまノリに乗ってるポイントサイトです。
もし登録がまだの方は以下のWebからユーザ登録をどうぞ。ユーザー登録後のポイント交換後に500ポイントをもらえますので、ぜひ皆様もポイントをゲットしてください。
 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

ちょっとした悩み事

ところで、いまちょっとした悩み事があります。以前、私はブラウザのクッキー削除忘れなどでマイルをゲットし損ねたことがありました。その教訓から、現在私はポイントサイトごとにブラウザを分けて使っています。
私が使っているブラウザとポイントサイトは以下のようになってます。
 

・PCのブラウザ
 メイン → Firefox ちょびリッチ
 サブ → Microsoft Edge ハピタス
 
・スマホ(iPhone)のブラウザ
 メイン → Safari ちょびリッチ
 サブ → Firefox ハピタス
 
ところが、モッピーを増やしたことにより、どのようにブラウザを使い分けるか迷っています。ブラウザのシェアから考えると、Google Chromeを追加すればいいわけですが、ポイントサイトのブラウザ使い分けに限った場合、Chromeを使っている人は少なそうです。
 
かくいう私もChromeを何度か使ったものの、予定反映すらされないことが2回ほどあり、その場で利用を辞めたことがあります。(予定反映されたこともあるので少し厄介と思ってます)私の場合は2回ともに少額マイルの案件だったこともあり、すぐに諦めましたが、大型案件で同様のことが起こったら泣くに泣けないので、今後はChromeを使いたくありません。
 
一体、みなさんどのようにして使い分けているんでしょうか?
Webで検索してみましたが、決定的な打開策は見当たらず、対応策としては

・ポイントサイトの利用前にCookieを削除すること
・ポイントサイトに応じてブラウザの使い分ける

を確実にやることの2点のみでした。
 
このあたり、熟練陸マイラーの方が、PC・スマホなどでの利用方法を初級者から高段者までの使い分けを記事にすれば、ブログのヒット率があがる気がします。陸マイラーの習熟者の方、だれか記事を書いてくれませんかね。(他人頼み)

皆さん、どうしてるんでしょうか...。
今後、ポイントサイトを使いこなせる気がしません。
かといって、毎回Cockie削除も面倒です。というわけで独り言でした。

3ヶ月の陸マイラー活動を通じてわかった3つのこと

わたしが陸マイラー活動を始めてから3ヶ月が経ちました。
この3ヶ月間はあっという間で、陸マイラー活動を始めたばかりの頃はポイント反映されたかどうか仕事中も気になってモヤモヤしていましたが、さすがに最近はそんなことはなくなり、何となく勝手がわかってきました。
 
陸マイラー活動を始める前と後では、見える世界が少しだけ変わった気がしており、「少しの手間をかけるだけで、こんなにも世の中はお得になるんだ」ということがわかりました。いまのところは陸マイラー活動を始めてよかったと感じています。
 
今日はマイラー活動を始めてから3ヶ月間で感じたことを3点書きます。
 


マイラー活動は奥が深い


数々のマイラーさんのブログを見ればわかりますが、マイルを獲得するための必勝法は2016年以降のものが多く、そのほとんどがここ一年近くのうちに編み出されたものです。マイラーの常識や必勝法などは、日々のルール変更に伴って更新され続けており、同じやりかたで継続的にたくさんのマイルをゲットし続けることは困難だということがわかりました。


マイル関連で何か新しいニュースがでると、多くのマイラーがそれに対する考察や分析を行ない、新たなルールとして認識されます。そして、新たな必勝法が編み出されます。日々のルールチェンジとそれに対応した新しい必勝法のアップデートが日々のマイラー活動を奥深くしているのは間違いなく、毎日の自己研鑽と情報収集が大事だなと感じました。

昨今で言うと、有力ポイントサイトがJALマイルへの交換レートを期間限定で増量キャンペーンするニュースがあり、このニュースに多くのマイラーが反応して、検証記事を書いています。これまで多くの方のブログを拝見しましたが、決して一方的な情報提供ではなく、しっかりと自分のなかで咀嚼して考察をだして、オリジナリティを出そうとしている事が感じられます。

たとえばpoyaさんのコレとか。

・・・というわけで、1つのビッグニュースに呼応して、多くのマイラーが
今日も新たなスタンダードを探すための宝探しをしているのです。
 
あと、話はすこし変わりますが、個人的に面白いと思っていること。
 
おそらく多くのマイラーの活動目的はたくさんのマイルを獲得していろんなところへの旅行を楽しみたい、とか航空チケット分の費用を滞在期間中のショッピングや食事にまわして旅を優雅に楽しみたい、などという思いがあると思いますが、ポイント獲得のためにいろんな店舗を回ってみたり、SFC修行を始める方が多数いたり、究極はいつの間にかSFC修行がやめられなくなってしまう方がいらっしゃる等々。
 

明らかに大変な思いをしていることもあるんですよね。
いろいろな体験談を目にするに、側からみたら変になったのでは?と思われる内容もありますが、自分の行動に疑問を感じつつも、なぜかやめられない、ということでしょうか。私はその気持ちが少しずつわかるようになってきましたが、まだその領域に達していないので、少々うらやましく感じることも多々あります。
ただ、少なくとも私にとってはみんな楽しみながら陸マイラー活動をしていると感じました。
 


マイル反映までに意外と時間がかかる

 
ポイントサイトを使った陸マイラー活動は、マイルに反映するまでに意外と時間がかかります。ポイント獲得案件の代表的なクレジットカード発行案件とFX口座開設案件を例にとると、クレジットカード発行案件ではクレジットカードの申し込みを行ってからカード発行後に決済を経てポイント獲得までに至るまで大体2ヶ月くらいかかるのが一般的な流れですし、FX案件では口座開設の申込みから取引後の取引を経てポイント反映まで1ヶ月から2ヶ月ほど時間がかかります。

大量ポイント案件ほどポイント獲得までに時間がかかるんですね。その上、ポイントサイトからソラチカルートを経由してANAマイルに交換するのにも大体2ヶ月から3ヶ月ほどかかります。ポイント獲得の活動を始めてからだいたい2ヶ月くらいまでの期間は我慢が必要で、すぐに結果が必要な陸マイラーにとって活動を継続するための大きな壁があると感じました。
 
 
誰だって、すぐに結果が欲しいですからね。

これに対して、私は、すぐにポイントが反映される案件でモチベーションを保つのが良かったです。外食モニター案件や店舗モニターなど、比較的すぐに数千ポイントのポイントをゲットする方法を連続することでモチベーションを維持しました。
 

このように、陸マイラー活動はポイント獲得からマイルに反映されるまでに数か月単位で時間がかかるため、モチベーションを維持するための施策が必要です。私は短期的には即効性のある案件でモチベーションを維持できましたが、長期的に考えると1つの案件にこだわらずに計画的に多くの案件をこなして、定期的にポイントを獲得できる仕組みづくりと日々の活動が大事だと感じました。
 
 

マイラー活動は確実に儲かる


一番書きたいのはこれです。笑 私の3か月間で獲得したポイントとステータスは以下のとおりです。獲得したポイントをわかりやすくするため、ソラチカルートでマイル換算する前提で計算しています。

 

合計 64600マイル相当(各フェーズでの申請中を含む)
 ・マイル移行申請中(メトロポイント → ANA) 約17300マイル
 ・メトロポイント交換申請中(ドットマネー → メトロポイント) 29700マイル相当
 ・ドットマネーポイント 3600マイル相当
 ・ちょびリッチ、ハピタスのポイント 14000マイル相当
 

このほかにポイント反映待ちが15000マイル相当あります。本格的な陸マイラーからすると物足りないかもしれませんが、大きな失敗があったにも関わらず、それなりにポイントを獲得できたと思います。誤算だったのは大型案件で数件反映されない案件が連続したこと。これはショックでした。(合計2万マイル超)
いちおう交渉中というステータスですが、望み薄かもしれません。皆様はブラウザの設定漏れには十分ご注意ください。

今後の見通しとしては、これまでこなした案件と今後の残案件の見込みから、少なくとも、ソラチカルートが封鎖されない限りあと1年で20万マイルくらいは獲得できそうということはわかってきました。1年後は不明ですが、私は大幅な改悪がない限りはしばらく陸マイラー活動を続けるようと思います。
 

さいごに

「ちょびりリッチ」の登録がまだの方はぜひ、以下のバナーから「ちょびリッチ」への登録をご検討ください。あなたにも初回登録の特典で500ポイントがゲットできます。

もし、「ちょびリッチ」への登録がまだでしたら、あなたも以下のバナーもしくはQRコードから入会して、ちょびリッチの500ポイントをゲットして下さい!きっといいことがありますよ。
 
 

f:id:tameriman:20170514231011p:plain

 
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
 

関連記事

 

www.tameriman.xyz

www.tameriman.xyz

www.tameriman.xyz

 

 

 

思わず買ってしまったドローン・・・。これはアリ!「DRONE STAR」

今日は陸マイラー活動ではありませんが、思わず書いてしまいます。

お小遣いが余ったので、ちょっと前にあったAV Watchの記事
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1053254.html
でドローンスター(DRONE STAR)が気になり、思わず買ってしまいました。購入してからまだ1週間ほどですが、毎日楽しく飛行させています。
 

f:id:tameriman:20170602021600j:plain


将来は旅先でドローンを飛ばして世界の綺麗な場所を空撮してみたいんですよね。でも、DJIのPhantomやMavic Proなどはそこそこ高価なうえに、練習する場所がないんです。そこで、気軽に練習できるドローンを探した末に購入しました。私がドローンを購入するのは2台目となりますが、この製品は私の懸念を払拭してくれるいい製品です。
 
DRONE STARとは
DRONE STARは、ドローン操縦の基礎を、楽しみながら覚え、上達できるようになることを目指した、操縦者教育機能を搭載したスマートフォンアプリです。本アプリ対応の超小型機体と併せて使用することにより、初心者でもゲーム感覚で簡単にドローンの操縦方法を学習することができます。
 

買って楽しんでますが、楽しいですねコレ。このドローンの画期的な点は、スマホのアプリをタダで提供した点にあると思います。単調になりがちな操作練習ですが、スマホのアプリと連動させてゲーム感覚で飛行訓練をさせて、上達させていく。このコンセプトが秀逸です。
 

f:id:tameriman:20170602021630p:plain

 
ストレスがたまりがちな室内での練習を楽しくさせ、気軽にかつモチベーションを高く保つことができます。うん、これは考えたな、と思いました。
 

DRONE STARを買った理由


私がDRONE STARを購入した理由はドローンの操縦を人目を気にせず体系的に練習してうまくなりたい、という理由です。知る限りはでこういうアプローチのドローンは(私が知る限り)あるようでなかったんですよね。将来的には旅行先、特にリゾート地などでドローンを飛ばして空から綺麗な動画を撮影したいな、と思っています。でも、ドローンを飛行させるには、なかなか難しいのです。

 

都内(および近郊に住んでひる人にとっては)ドローンの操縦の腕を上げるには、
なかなかハードルがあるんですよね。まず、練習する場所がないのです。日本でドローンを飛行させようとすると、まず航空法のことを考えなければなりません。
 
 
まず、機体の重量が200gあるドローンはは航空法の規制対象となるため、東京都23区内の屋外では(ほとんどと言っていいほど)飛行させる場所がありません。購入しても飛ばせないなんて、意味ないですよね。(ドローンエンタープライズさん ドローンの規制、東京で有るところ、無いところ。)
 

200g以下のドローンでもそもそも飛行を禁止されている場所が多かったり、移動に手間がかかるし、わざわざ移動しても、バッテリーの問題があって、一度に飛行させられるのは数十分が限度です。都内では飛行させることすら結構大変なのです。以前、私は別のドローンを購入しのですが、その時に感じたことは次のとおりです。
 
 

ドローンの練習について言われること

 
都内でドローンの練習をしようとしても、場所が意外と少ないのです。まず、練習する場所がない。大前提として、都内で飛行させようとしても記載したとおり、200g以上のドローンは航空法の規制をうけるため、人口密集地や飛行禁止エリアの設定などがあり、東京23区内には実質的に飛ばせる場所がありません。
 
なので、郊外に移動するか、200g未満のドローンで練習するかの2択となるわけですが、200g未満のドローンで練習する場合にも壁があります。

・公園で練習すればいいじゃん
 → 東京都内では基本的にNGです。都内の公園は条例(※)により、ラジコン全般が禁止されています。ドローンもラジコンの一種とみなされるため、当然のように規制対象となっているので、公園でドローンを楽しむのは難しいです。近所の公園では練習することすらもできないんですね。

(※)「都立公園条例」と「都立海上公園条例」。
それぞれ「都市公園の管理に支障がある行為」「海上公園の管理運営に支障を及ぼすおそれがある行為」をすることを禁じる規定があり、ドローン使用がこれに当たると判断した。

・河川敷で練習する
 → そこで河川敷に行って練習することを考えます。ただし、ここにも問題があります。都内で外で飛ばそうとすると、航空法の規制対象外となる200グラム未満のドローンで練習することを考えるわけですが、200g未満のドローンを河川敷で飛ばすとほぼ無風といえる日でも、河川敷ではそこそこ風が吹いています。全くの無風といえる日はほぼなく、200グラム未満のドローンは風に流されてしまうため、コンディションとの戦いとなります。
 
加えて、予備バッテリーを持っていったとしても、数十分で終了となりますので、ドローン操作がすぐに終わってしまうのです。河川敷がすぐそばであればよいのですが、そうでない場合は遊ぶ時間よりも往復の時間が無駄となり、虚無感が半端なくなるため、ついつい出かけるのが億劫になってしまうのです。

更に、ドローンというとダークなイメージがついてしまったせいで、(物珍しさもあり)通りがかる人がチラチラと横目で見ながら通り過ぎていくので、なかなか操作に集中することが難しいという事情もあります。気にしすぎだよって自分でも思いますが。
 
・家で練習する
 → 部屋の中で練習することは可能です。しかしながら、うちの家は狭いマンションなので、狭い部屋の中ではモチベーションを保ち続けるのは難しいです。さらに、そこそこ大きいモデルを購入すると飛行練習するというよりも、ホバリングさせるだけで終了してしまいます。


そこでDRONE STARですよ。

これらの問題点を払拭してくれるのがDRONE STARだと感じました。この製品は室内での練習をメインとしながらも、アプリのおかげでモチベーションを維持できます。上達へのステップをアプリで順を追って教えてくれるので、どんどん操作に熟達することが可能です。
 
一般的にドローンはラジコン飛行機よりもずっと操作が簡単といわれますが、クルマのラジコンと違って上下と旋回があるだけでも操作の難易度は格段にあがります。一度に練習できる時間も短いので、操作に熟達するにはある程度の時間を要します。なので、DRONE STARのように室内で気軽に練習できるミニドローンで室内で練習し、ある程度操作に慣れてきたら本格的ドローンを購入し郊外で練習する、という流れが一番良いのかなとおもった次第です。
 

ただし不満点も


もちろん、不満がないわけではありません。一番の不満は飛行時間の短さで、電池内蔵式のためバッテリーを変えて長時間飛行させることができません。1回の飛行は10分未満のため、遊んだらすぐ充電という流れになるので、充電が面倒です。室内で飛ばすことを前提にしているので、気軽に飛ばせてこまめに充電できるという使い方になると思います。
 
良い点と悪い点がありますが、まず最初の1台としては(下手に中途半端なドローンを買うよりも)割り切った使い方ができ、モチベーションを高く保てるという点でよい製品だと思いました。私は、ドローンを始めようと思う人をターゲットに最初の1台としてお試しで購入する選択肢としてはアリだなと思いました。
 
というわけで、毎日夜中に楽しんでます。
Amazonでも購入できるようになったようなので、ご興味があればぜひお試しください!
 

陸マイラー初心者にこそおススメしたい。外食モニターはマイルを貯められるぞ!

あなたは家族との外食や会社の飲み会幹事をやってマイルをゲットできたらいいな?そう思ったことはありませんか?そんなあなたには外食モニターがおススメです。
 
私が使っているのはちょびリッチの外食モニター「ちょびリッチモニター」です。
 
たとえば、飲み会の幹事や食事会などで幹事を自ら買って出ることで、ポイントをゲットできるのです。カード支払いで得られる数百マイルとかのポイントではありませんよ。ケタが1つ違います。還元率は通常のクレジットカード利用などでは得られないような大量ポイント獲得を何度も狙えちゃうのです。これ、すごいですよね。簡単に説明していきます。
 

外食モニター案件ってなに?

覆面の調査員として飲食店で普通に食事をおこない、精算後にレシートを添えてアンケートに答えるとモニターの謝礼としてポイントをゲットできます。アンケートの提出時に条件があるので、これをしっかりとクリアする必要があります。(写真を撮る、XXXXXXをオーダーする等)

ちょびリッチモニターの場合の流れは以下のとおりです。
 
 ①ちょびリッチで「モニターで貯める」をクリック、ちょびリッチモニターを選択
 

f:id:tameriman:20170528064242j:plain

 
 ②地域やジャンルなどを絞って行きたい店を検索
 

f:id:tameriman:20170528064257j:plain

 

 ③自分が行きたい店舗で「利用する」を選択
 

f:id:tameriman:20170528064315j:plain

 ④「モニターに応募する」を選択する
 ⑤モニター当選したら、お店に行って飲み食いする
 ⑥精算後、アンケートを提出する(レシート画像が必須)
 ⑨翌日などにポイント記帳反映され、その後約2週間以内にポイント反映される


おすすめする理由

マイル獲得案件は何種類かありますが、外食モニター案件のよいところは、FX口座の開設やクレジットカード発行と異なり、何度もリピートできるところです。ポイント還元は案件ごとに異なりますが、支払額の約20%~50%程度がポイントとして還元されることが多いです。(私はやったことありませんが、100%還元もあるようです)

つまり、実質半額などで飲み食いできるところです。たとえば、職場の人と飲みに行き、総支払額が20,000円を払ったとして、10,000円分のポイントをゲットできたりするのです。思わず幹事を率先してやりたくなりますよね。

■おススメのタイミング
外食モニターの活動は毎月1日に入れ替えがあるので、月初を狙って外食案件を探せば、お目当ての条件に巡り合えるかもしれません。なお、毎月1日の午前0:00にモニタ案件が更新されることが多いため、毎月1日にチェックすることを強くお勧めします。

ただし、毎月1日の0:00に案件が反映されるのは提携元の「ファンくる」でその提携先のちょびリッチはすぐには案件がすぐに反映されません。お目当てのお店が決まっていて、ヘビーユースする方にはファンくるをおススメします。(ただし、「ファンくる」はちょびリッチとは別のポイントサイトとなるので、別途サイトへの登録作業などが必要となります。)
 
特にお目当てのお店がない人や、0:00ピッタリに待つのは面倒という人は毎月1日の朝~昼くらいの落ち着いた時間帯に「ちょびリッチ」のモニター案件を願うのがよいです。一部の人気案件は埋まってしまっていますが、残っている案件でも良案件がちょくちょくありますので、気に入ったものを活用してみてください。また、毎月1日以外にも外食モニター案件は随時追加されているので、ちょくちょくすれば新たな出会いがあるかもしれません。
 

ただし難点も

難点としては、圧倒的に案件が少ないところだと思います。募集中のお店しか行けないため、選択肢が狭まってしまい自分が好きなお店に行けない点と、モニターという特性上すぐに募集枠が少なく、すぐに締め切ってしまうのです。したがって、東京都内で活動を外食モニター案件を探しても、もともと行きたかったお店に行ける確率は非常に低いです。
 
また、アンケート量も多く運営側とアンケートに関するやりとりも発生する可能性があるので、多少面倒かもしれません。あと、モニター当選からアンケート提出までの期限が数日と短く(4日程度)、行動が制限さえるという難点もあります。
 
更に、外食モニターは食事代の支払いが必要となるため、完全に無料となることはありません。100%ポイント還元の案件はほとんどなく競争率も高いです。したがって、完全無料を求める人にも向きません。
 

私はたくさん使ってます

難点はいくつかありますが、この外食モニター案件、初級者には特におすすめで、私も陸マイラー活動を始めたばかりのころには何度もリピートしました。外食モニター案件のよいところは、ポイントが高めにもかかわらず、繰り返し利用でき、ポイント反映が早い点だと思います。私が感じる外食モニター案件の良いところは以下の2点です。
 
1.違う案件を何度も繰り返してポイントを大量獲得することが可能
  →クレジットカード発行やFX口座開設では、その案件1回につき1回だけです。

2.案件申込~ポイント反映が比較的早い(数日~2週間程度)
  →クレジットカード発行やFX口座開設では、だいたい1か月~2か月程度かかります。

私は陸マイラー活動を始めたばかりの頃はなかなかポイントを獲得できず、悶々とすることが多々ありましたが、外食モニター案件はポイントの反映が早く大量に獲得できるため、マイラー活動のモチベーションを高く保ち続けることができました。みなさんもぜひお試しください。
 

最後に

「ちょびりリッチ」の登録がまだの方はぜひ、以下のバナーから「ちょびリッチ」への登録をご検討ください。あなたにも初回登録の特典で500ポイントがゲットできます。

もし、「ちょびリッチ」への登録がまだでしたら、あなたも以下のバナーもしくはQRコードから入会して、ちょびリッチの500ポイントをゲットして下さい!きっといいことがありますよ。
 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

QRコードはこちら。 

f:id:tameriman:20170514231011p:plain